育毛シャンプーの種類と選び方

薄毛対策のためのシャンプー選び

ひとくちにシャンプーといっても実は成分によって様々な種類があります。

 

ここでは薄毛対策に効果的なシャンプーはどんなものかを考えてみましょう。

 

たかがシャンプーとあなどっていると、シャンプーのせいで頭皮トラブルを起こし、引いては薄毛・抜け毛へとつながってしまうのです。

 

シャンプーの種類

一般的なシャンプーには3種類あります。
それぞれの違いを見てみましょう。

 

・高級アルコール系シャンプー
一般に店舗などで販売されているほとんどシャンプーがこの「高級アルコール系」シャンプーです。
「高級」と聞くと「なんだか良さそう!」と思ってしまいますが、これは単に成分の炭素数の多さを表しているだけのものであって、シャンプーの品質とは何ら関係ありません。

 

炭素数が多いことのメリットとして「泡立ちが良い」ということがあります。
使った時に良く泡立つと「いいシャンプー」と思ってしまいませんか?
まさにそういった消費者の受けの良さを狙ったシャンプーなのです。
また、原料費も安く済むためにメーカーにとっては好都合なシャンプーなのです。

 

しかし、高級アルコール系シャンプーは非常に洗浄力が強いため、頭皮に必要な皮脂までも洗い流してしまうデメリットがあります。
その上頭皮に残りやすく、様々な頭皮トラブルの原因となってしまうのです。
安さでは一番かもしれませんが、本当に頭皮のことを考えると避けたい種類のシャンプーなのです。

 

・石けん系シャンプー
石けんを主成分としてシャンプーです。
肌への刺激が少ないことで、敏感肌やアトピー肌の方にも愛用されています。
ただし、洗浄力は高級アルコール系シャンプーと同様に強力ですので、本来必要な皮脂までも落としてしまう部分では同じです。

 

また、洗髪後は髪がアルカリ性に傾いてしまうので、きしんだりゴワゴワするという特徴があります。
薄毛で弱った髪には厳しいかもしれませんね。

 

・アミノ酸系シャンプー
髪や頭皮と同じ弱酸性のため、頭皮への刺激が非常に少ないシャンプーです。
さらに頭皮に必要な皮脂は残しながら、汚れやフケなどは洗い流してくれます。
必要な皮脂を残すために「すごくスッキリ!」という感じにはならないかもしれませんが、頭皮のためには良いことなのです。
すでに薄毛や抜け毛で悩んでいるのであれば、アミノ酸系シャンプーが最もおすすめです。
ただし、じゃっかん値段が高めというデメリットはあります。

 

育毛シャンプーの選び方

基本的にはアミノ酸系シャンプーをおすすめしますが、やはり体質や肌質によって相性があります。
シャンプー選びの究極は「自分に合っている」ということです。
自分に合ったシャンプーに変えるだけで、驚くほど抜け毛が減ることもあるのです。
抜け毛が始まったのであれば、本気でシャンプーを選ぶ時期なのです!